<< 保育請願 オール与党会派反対で否決。日本共産党は「採択を」と賛成 | main |

子どもの医療費助成の拡大を求める請願 否決

 「子どもの医療費助成の拡大を求める請願」は、11日の民生福祉委員会で日本共産党と無所属議員の賛成、それ以外の全会派の反対で否決されました。
 
 請願は、福山市の乳幼児医療費助成制度の対象年齢を現在の「入院は小学校卒業まで」「通院は就学前まで」から、「入・通院とも小学校卒業まで拡充する」こと求めていました。

 日本共産党の土屋とものり議員は討論で、県内1市2町で入・通院中学校3年生まで、4市で入・通院とも小学校6年生までとなっており、福山市は立ち遅れていると指摘。福山市次世代育成支援に関するニーズ調査の結果(2009年)では、「子育てに関して日常悩んでいること」への回答の第1位が「子育てや教育にお金がかかりすぎる」(回答者の61・5%)であることなどを示し、この請願の趣旨が市民の願いに合致していると述べました。そのうえで、福山市の一般会計決算は毎年30億円前後の黒字を計上しており、これらを有効に使うことで、乳幼児医療費助成の対象年齢を引き上げることや医療機関窓口での一部負担金(現在1回につき500円)を無くすことは十分可能だと主張。請願への賛成を表明しました。

 落合真弓議員(無所属)は、「安心して医療にかかれることは大切だ」と賛成しました。公明党の和田芳明議員は、「一定の理解はする」としながら、財源を理由に反対を表明。明政会の徳山威雄議員は、子育て支援は医療助成だけではない、子どもが病気になった時にどこに行くかが大切だとして反対討論しました。市民連合、新政クラブ、水曜会は討論を行わずに反対しました。

保育請願への態度(民生福祉委員会、3月11日)
(会派) (態度)
日本共産党・・賛成
公明党・・・・反対
市民連合・・・反対
新政クラブ・・反対
水曜会・・・・反対
明政会・・・・反対
無所属・・・・賛成
コメント
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2011/06/05 2:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2015 >>
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile